横浜エリアで希望の賃貸マンションを探すポイント

横浜で賃貸マンションを探すなら「エリア」情報の把握は必須

新生活にむけて物件を探す時は、賃貸情報だけではなくエリアごとの特徴というものも考えなければなりません。
例えば同じ横浜市内でも、エリアによって家賃の違い、物件の多いエリア少ないエリアなどがあります。例えば、東横線沿いやJR線沿いは家賃が高く物件も多くあります。逆に相鉄線沿いや京急線沿いは家賃が安いなど、最寄りの沿線がどこであるかによって変わるということもありますので、こういった情報も把握しなければなりません。

エリアで変わる

集合住宅

エリアによって賃貸相場が異なる理由と上手な探し方

横浜の中でもエリアによって賃貸マンションの家賃相場が異なる理由は以下のようなものがあります。まずは、最寄りの沿線が都心に出やすいものであるかです。一般的に賃貸は都心に近づくほど家賃が高くなる傾向にあり、それは位置的問題だけではなく都心まで移動がしやすいかということも考慮されます。特に交通が便利な沿線沿いは賃貸相場が高くなります。
また、同じ沿線沿いでも各停列車しか停まらないのか、急行や快速が停まるのかなどでも変わってきます。もう一つは、沿線以外の周辺環境の違いに依ります。例えば、道が狭いエリアや街並みが少し古いエリアだと家賃が安くなり、近隣に歓楽街があるというエリアも、一見人気がありそうです。しかし、治安を気にしたファミリー層が避ける傾向にあるため、入居の応募が集まりにくく、結果的に家賃が下げられるということもあります。
こういったことから、賃貸マンションを選ぶ上では、周辺環境をしっかり調べ、沿線の情報なども把握しながら自分の生活に合った場所を見つけるということが上手な探し方と言えます。

物件の築年数や設備も要チェック

物件の築年数や賃貸マンションの設備という部分も、横浜に限らず住む場所を選ぶうえでは大切です。築年数に関してはメリット・デメリットどちらもあり、一般的に築年数が古い賃貸ほど、部屋の中が汚い、耐震性が低い、虫が出やすいなどのデメリットばかり取り上げられやすいものです。しかし、今ではリフォームによって築年数が古くても綺麗な賃貸マンションも増え、耐震性についても入居所の方に長く住んでもらうための工夫がされています。そして家賃が安く設定されているといったメリットもたくさんあります。
一方、設備については、宅配ボックスや独立洗面台、オートロックの有無、インターネットの接続が無料であるかなどが注目されています。住んでみてからやはりこういった設備が欲しかったとなるポイントは非常に多いので、賃貸を見学するときはただ部屋の雰囲気を確認するだけではなく、賃貸にはどのような設備が付いているのかということをあらかじめ調べたうえで見学しましょう。これが、後悔しない部屋選びをする上で重要になります。

予め住まいに求める条件の洗い出しをしよう

賃貸マンション選びをする上で大切なポイントをお伝えしてきましたが、最終的にお部屋を選ぶうえで1番大切なことは『住む上で自分が何を重視しているか』ということです。横浜エリアに住む上では、まず横浜駅からどのくらいの距離に住むか、川崎や都内へ近いほうを選ぶのかが挙げられます。そしてお伝えしてきた引っ越しにかかる費用や設備、築年数や周辺環境など考慮すべき点はいくつもあります。
その中で、費用がいくらか高くなっても良いから通勤や通学が便利で、遊ぶ環境がたくさんある立地を重視するのか、もしくは中心部から少し離れた場所で、初期費用が安く済むような場所を選ぶのかという点は重視しましょう。設備の整った賃貸へスムーズに入居したいのか、自分が重視することをしっかり考え、あらかじめ洗い出しておくと楽です。部屋選びに迷ったときは、最終的にこのようなことから決断することで、納得のいく部屋選びが実現されます。

広告募集中